楽天ポイントはたまりやすい

年会費無料の楽天カードを保有しています。楽天カードは100円ごとに1ポイント加算されるのでポイントがたまりやすいです。普段の食料品や日用品などの買い物だけでなく公共料金の支払いなどにも利用できます。また楽天サイトで買い物すると会員ランクにより獲得ポイントが2倍や4倍になったりするので利用すればするほどポイントはたまりやすくなります。楽天マラソンなどのキャンペーンも多くあるのでその時に利用するとさらにたまりやすくなります。また楽天市場で購入する時にたまったポイントを利用したとしてもポイントが加算されます。私の場合は日常生活の支払いは楽天カードをメインで使用しているので毎月およそ2000ポイントぐらいは付与されています。ポイントクラブのランクがあがるとがん保険に無料で加入することができます。急に申込案内書が送られてくるので驚きますがお得なサービスだと思います。

AEONカード利用法

年会費無料のAEONカードを保有しています。AEONカードは一か月に1回優待券が送られてくるので子供の水筒や学用品、雑貨なんかを10%オフで購入しています。大型スーパーなので必要なほとんどの物に優待券が使用できるので便利です。誕生日月には食料品が5%になる券も送られてきます。またゴールドカードを保有するとイオンラウンジを利用できます。ジュースやお菓子が無料でいただけるので買い物に疲れた時にすごく便利です。ラウンジ内には雑誌も置いてありリラックスできます。カードを利用するとポイントがつきます。たまったポイントはポイント数に応じて様々な商品に交換することができますが、商品券やWAONにチャージすることもできます。商品券は手数料としてポイントが別に必要なのですがWAONへのポイント移行は無料なのでそのまま日々の買い物で使うことができるので大変お得です。

提携店をうまく利用しています。

各クレジットカードにはおおむね提携店というようなお店があります。ほとんどのクレジットカードのポイント還元率は1パーセントだと思いますが、先ほどの提携店でクレジットカードを利用すると、ポイント還元率が2倍の2パーセントになるというパターンが多いと思います。利用しやすいシーンで考えると、ガソリンスタンドが候補にあがります。私の持っているクレジットカードはENEOSが提携店になっています。ガソリンスタンドによってガソリンの値段がまちまちですから、ポイントのためにガソリンを入れることがないようにしなければいけません。1リットル110円だとしても提携店のENEOSが1リットル112円以上だとむしろ損になります。ポイントのためにガソリンを入れるよりも、純粋にガソリン価格が安いところで支払った方が結果的に安くなるという状況も考えなければいけません。

ポイント還元率と年会費

クレジットカードには年会費が有料のカードと無料のカードがあります。あまり詳細を見ていない人は年会費が無料のクレジットカードの方がお得感が高いと感じてしまうことも多いでしょう。しかし、クレジットカードの詳細を調べてみればサービスやポイント還元率などを比較すると年会費無料のカードよりも年会費有料のカードの方がずっと有利であることも少なくありません。

特にポイント還元率で比べてみると年会費が有料であるクレジットカードの還元率が高い場合が多いので、クレジットカードでかなりの金額の支払いがあるという人は年会費無料のクレジットカードよりも年会費有料のクレジットカードがおとくになることが多いのです。年会費が無料のクレジットカードを利用しているという人はもう一度クレジットカードのサービスの詳細を比べてみることが必要です。

クレジットカードのウェルカムキャンペーンを見逃さない

クレジットカードを新規に作ったときに、数カ月間のウェルカムキャンペーンを実施しているクレジットカードがほとんどです。ウェルカムキャンペーンという名称か入会特典と言う場合も多いですが内容は同じで、要するに新規で作ったクレジットカードを使って条件を満たせば特典がいただけるというものです。

具体的には新規のクレジットカードを何万円かを条件の期限までに使えばキャッシュバックや大量のポイントが還元されるという特典です。通常ではクレジットカードのポイント還元率は1%程度であることがほとんどですが、ウェルカムキャンペーンでは5%以上、場合によっては10%に近いくらいのポイント還元率に匹敵するような特典かキャッシュバックがあります。ウェルカムキャンペーンを活用することで数年分のポイントを還元してもらえることもあります。これを見逃す手はないでしょう。

カードポイント交換でアマゾン無料ショッピング

クレジットカードはポイントをためることを目的に、ポイント還元率が高いカードを選んで、カード利用はその一枚に集約しています。クレジットカードで決済できるところでは、もれなく利用するようにしてきました。スーパーやデパ地下はもちろん、コンビニで100円コーヒーを買ってもカード払いです。自動引き落としも可能なものはすべて、カード引き落としです。ネットショッピング、旅行、何から何までカードをフル活用し、おかげで効率的にポイントがたまってきました。さらに私が現在愛用中のカードは、アマゾンで使えるようにポイント交換すると、還元率がアップしてますますお得になります。最近のアマゾンでのショッピングは、すべてこのポイント交換分を使っており実質タダです。アマゾンならいろいろなものが購入できるので、使いそびれるという心配がないのも良いところです。

流通系のクレジットカードはお得です。

私が利用しているのは流通系のクレジットカードであるウォルマートカードです。西友で買い物をすると毎回3%オフになります。さらに月に2回、5日と20日は5%オフになります。3%オフのときはポイントは貯まりませんが、いつ買い物しても3%オフになるのはお得です。5%オフの日はポイントも貯まるので、さらにお得です。5%オフだけでも十分お得なのに、ポイントも貯まるなんて嬉しいです。3%オフのときよりもはるかにお得度が上がります。5日と20日に買いだめすれば、ポイントも貯まりやすくなります。西友はネットスーパーもありますが、ウォルマートカードで決算するとネットでも3%オフでお買い物が出来ます。ウォルマートカードでの支払いはサインなしで使えるので、スピーディーにお買い物が出来るのも便利です。年会費も無料なのもうれしいところです。貯まったポイントも永久不滅なので、うっかり有効期限切れでポイントを失ってしまうこともありません。ウォルマートカードは西友だけでなくLIVINやSUNNYのお店でも同様に使えます。お近くに西友、LIVIN、SUNNYがある方は是非おすすめのカードです。主婦にとって使い勝手の良いカードだと思います。

楽天プレミアムカードの付帯サービス

楽天プレミアムカードには付帯サービスとして「プライオリティパス」が付いてきます。「プライオリティパス」とは世界120か国の400都市にある850か所以上のVIP空港ラウンジを使えるものです。その中でもプレステージ会員は何度でも無料で使用することができます。このプライオリティパスのプレステージ会員は普通に入会すると年会費が399USドルです。(現レートで5万円弱)これが楽天プレミアムカードの年会費10800円を払うだけで付いてくるのです。このプライオリティパスの特典はアメックスのプラチナなどの最上位のカードの特典などに付くことが多いのですが、このような年会費1万円で持てるカードに付帯するということ自体が珍しいことと言えます。頻繁に海外に行く方はどこかのマイレージに入っていてそこの航空会社のラウンジが使える方は多いと思います。しかしこのプライオリティパスは自分がその日に搭乗する航空会社に関係なく利用できるのです。ヨーロッパ内やアメリカ内でLCCで移動する場合など大手の航空会社のラウンジは使えないのでそのような時にこのプライオリティパスは非常に便利です。

クレジットカードはお得

私は口座開設先の銀行で作ったキャッシュカードとクレジットカードが一緒になったカードを使用しています。ATMが近所にないので、現金を引き出す余裕がなかなかないので、よくクレジットカードを利用します。お買い物のときはもちろん、携帯電話代金や公共料金はすべてクレジットカードで支払しています。お財布が嵩張らないので、荷物がその分軽くなります。何よりもポイントが付く点が最大のメリットだと思います。時々、ポイントが倍になるキャンペーンをやっていることもあり、知らず知らずのうちの貯まります。この商品を買ったら2倍というキャンペーンなどもありました。ある程度貯まったら、有効期限内に商品に変えるか、キャッシュバックもできます。一括払いにすれば利息も取られないので、大変お得です。高額な商品を購入時に、一括払いができなそうでも分割払いでお買い物ができます。利息はついてしまいますが、一気にお給料がなくなるという心配もありませんので、計画的に資金繰りができます。また、クレジットカードを申し込みするときに、ETCカードが無料で作れたのもよかったです。

ANAカードでマイルをお得に貯めています

私はVISAのANAカードでマイルを貯めています。と言っても何でもかんでもではなくて、基本的に毎回のガス代、電気代、携帯電話代が主で、美容院やコンタクト代などの定期的に必要なもの、旅行に行く飛行機代(もちろんANA利用)、そしてたまに大きな5千円以上の買い物をする時は常にカードで支払いをしています。また、コンビニに行くときはカードでEdyにチャージし、そしてEdyで支払いをしています。そうすると、カードでEdyにチャージした金額がマイルに反映され、かつコンビニでEdyを利用した額がさらにマイルに積算されて、2度おいしいのです。この方法だと知らない間にマイルが貯まっています。

貯まったマイルは、私は特典航空券に交換しています。理由は最もお得な交換だからです。通常、10,000マイルで10,000円相当の商品の交換になりますが、特典航空券にすると、10,000マイルで大阪~九州などの往復航空券になるので、25,000円相当でかなりお得になります。私はそれを利用して帰省したりしています。また、同時にVISAのポイントもたまり、年間で5,000円分のVISA商品券の交換もしてさらにお得です。